大至急お金が必要でもやってはいけない方法

今ほどネイルが必要とされている時代はない > > 大至急お金が必要でもやってはいけない方法

大至急お金が必要でもやってはいけない方法

出産や冠婚葬祭、ちょっと使いすぎてしまったなど、私たちの日常にはお金が急に足りなくなってしまうことがあります。そうしたとき多くの人はあわて てお金を工面することを考えるのではないでしょうか。友人や知人に借してもらったり、一時的にキャッシングで対応できればいいですが、それらの方法がとれ ないときは非常に困ってしまいます。
インターネットでお金を工面する方法を検索すると様々な方法がでてきますが、特に入金までの早さと手軽さで目立つのがクレジットカード現金化です。クレ ジットカード現金化とはカードで購入した商品を売ったり、購入時のキャッシュバックによって現金を得ることです。他にはオークションサイトに自分の持ち物 を出品してお金を得る方法や、中古品買取サービスを利用してお金を得る方法などもあります。しかし、それらに比べてクレジットカード現金化はまとまったお 金が手に入りやすいという特徴があります。そして、現金化業者の運営するインターネットサイトを利用すればわざわざ外出しなくても利用できてしまうという 手軽さもあります。

http://www.genkinka-shinjitsu.net/
こうした一見魅力的に見えるクレジットカード現金化ですが、金融庁や消費者庁、日本クレジット協会などでは注意を呼びかけています。いったいなぜ注意を呼 びかけているのでしょうか。まず一つ目の理由として現金化することの違法性が挙げられます。現金化業者は商品代金よりも少ない現金を支払うことで、その差 益を得ています。しかし、この差益分の割合が非常に高額になる場合もあり、その違法性が問題となっています。もう一つの理由は商品購入の際にクレジット カードの番号や住所、電話番号などの個人情報が現金化業者に渡り、それらの情報が悪用されるケースがあることです。また、キャンセルすることができなかっ たり、お金が入金されないなどトラブルになるケースもあります。これらの危険性があるため、公の機関が中心となって注意を呼びかけていますが、完全に違法 とも言い切れず現金化業者が堂々と営業しているのが現状です。
至急お金が必要な人にとってはついつい手を出してしまいそうになりますが、これらの危険性を考えると他の方法を冷静に考える必要があります。例えば企業に お勤めの方であれば、勤務先の企業の貸付金制度を利用できる場合があります。低金利で借りれる場合が多いのでまずはご自身のお勤め先を確認されることがよ いでしょう。一方お勤めでない方は国民生活センターや金融庁に相談窓口がありますので、そういったところにまず相談されたほうがよいのではないでしょう か。いずれにしてもあわてず冷静に対応されるよう心がけることが必要です。



関連記事

  1. 焦りを感じてシャンプーを買う事に
  2. 急な出費|今月借り入れて...。
  3. 生活費は現金化|平成22年6月の改正貸金業法の完全施行に伴って...。
  4. 週末ケアで気持ちのリフレッシュも
  5. 皆さんご存知のように妊娠とビタミンの一
  6. 止水プラグの下水道カメラ
  7. キャッシングではアルバイトやパートといった非正規雇用
  8. 大至急お金が必要でもやってはいけない方法
  9. おすすめ!まつげパーマ
  10. 血管が詰まってしまう動脈硬化は足にも影響が
  11. 看護師の求人が羨ましく思える、何もまだ決まっていない自分
  12. プロポーズに利用できるフラッシュモブ
  13. プロポーズにピッタリのサプライズ
  14. 今ほど私がキレイモ渋谷店を必要としている時はないだろう
  15. 力のある会社